通販EC担当の方で最もよくお聞きする悩みが化粧品の薬機法(旧:薬事法)です。昨今取り締まりが厳しくなり、商品を売りたいけれど薬機法の制限があるため効能効果を伝えられず、当たり障りのない表現しかできないとお聞きします。薬機法を遵守してホワイトな表現を徹底しながら、商品の魅力を上手に伝えて、販促につなげるライティングを行います。

▲薬機法ライティングに役立つコラムを薬事法管理者が掲載しています。

薬機法ライティングの手順

美容健康専門のライター

弊社登録の美容健康専門ライターが、コラム、記事、キャッチコピーをライティング

薬事法管理者がチェック

薬事法管理者が薬機法、景品表示法に違反していないかチェックを行います。

訴求力を損なわない言換え提案

薬機法、景品表示法チェックをしてホワイトになっても、売上が半減しては意味がありません。言い換え表現もご提案します。