LPO/ランディングページ最適化とは

LPを作ったが、なかなか売上に繋がらない」

「広告のクリックばかり多くて広告費が高い」

「顧客ひとりを獲得するための価格がだんだん高くなってきた」

ネット広告(検索連動型広告・バナー広告・アフィリエイト広告など)やSEOなど、

集客施策がなかなかコンバージョン(CV)に至らない場合、ランディングページ(LP)に原因がある可能性があります。

ランディングページ(LP)の問題点を解決し、コンバージョン率(CVR)を高め、インターネット広告やSEO(検索エンジン最適化)に投資したコストのROI(費用対効果)を高めることを目的とした施策が、LPOLanding Page Optimization=ランディングページ最適化)です。

LPO/ランディングページ最適化はなぜ必要?

私達は、ランディングページ(LP)を制作する際に、市場調査・競合調査・クリエイティブ評価調査などを重ねて、女性購買心理も研究した結果コンバージョン(CV)がより向上するよう作りあげますが、さらにコンバージョン率(CVR)を向上させるためには、継続的なランディングページ最適化(LPO)が必要だと考えています。

そもそもランディングページ(LP)に到達するネット広告からの流入してくるユーザーは変化しています。例えば検索キーワードは、季節によって冬は「乾燥」「保湿」春先は「紫外線」「UV」など変化します。健康診断が増える5〜6月・9〜12月には、「メタボ」「血圧」などを気にする人が増えたりもするでしょう。

ターゲットの変化を考え、よりよいコンバージョン率(CVR)のために改善を続け、完成度の高いパターンを作り出すことをランディングページ最適化(LPO)と考えています。

実際には何をすればいい?

では、ランディングページ最適化(LP)とは具体的に何をすればいいのでしょうか。

アクセス分析

まず、LPOに取り組むには、「どんな訪問者がどのような目的で、どこからアクセスしているのか?」

現在のランディングページ(LP)のアクセス状況を正確に把握することから始まります。 そのためには、アクセス解析ツールを活用します。

例えば、
・流入の多い広告はどれか?

コンバージョンの多い広告はどれか?

・検索キーワードはどれか?

こうしたポイントに着目してアクセスログを分析します。

「訪問者がどんな情報を求めているのか?」によって、ランディングページ(LP)を構成するキャッチコピー、写真、訴求要素、順番など、適正なコンテンツは大きく変わってきます。その結果を数字で適切に知ることが、ランディングページ最適化(LPO)の第一歩です。

 

ヒートマップ分析

アクセス解析ツールを利用すれば「何人」のユーザーが「どこから来て」「どのページを閲覧したか」までは追うことができますが、ヒートマップはユーザーのランディングページ(LP)に対する反応を、色によって可視化し、直感的に理解するツールです。

ヒートマップによって、ランディングページ(LP)内で「どこが一番見られているか」「どこが見られてないか」「どこで離脱しているか」などが一目瞭然にわかります。私達は、アクセス解析と共にヒートマップを活用することによって、ランディングページ(LP)の構成の見直し、デザインの見直し、キャッチコピーの見直しも行います

A/Bテスト

ABテストとは、「ある特定の期間にランディングページの一部分を2パターン用意して、どちらがより効果の高い成果を出せるのかを検証すること」です。

例えば、キャッチコピーを2パターン比較する場合や、メインビジュアルの写真を2パターン比較する場合などです。

注意点としては、キャッチコピーも写真も同時に変更したパターンでテストしてしまうと、どの要素が影響しているかが分からなくなります。

A/Bテストは、数パターンのコピーやビジュアルを用意する手間は必要ですが、シンプルに比較することができ、

コンバージョン(CV)が多かった方を残していくことができるため、大変ポピュラーな方法です。

注意しなければならない点は、A/Bテストでは、2パターンずつテストしていかなければ、どこが有効だったのかがわからない点です。

そのため、写真もコピーも申し込みボタンの色も・・・と複数パターンを検証したい場合、時間がかかってしまうデメリットがあります。

多変量テスト

A/Bテストに対して、多変量テストとはABCDE・・・沢山のパターンを同時に比較するテストのことです。

多変量とは「多種類のデータ(変数、変量)」のことを指します。

通常のA/Bテストでは、2パターンずつテストしていかなければならないため、最もコンバージョン(CV)が良いランディングページのパターンを探し出すまでに時間がかかりますが、多変量テストでは一気にテストすることができるため、素早く問題点を解決し、ベストなパターンを見つけ出すのに役立ちます。注意点は、ある程度の母数(アクセス数)がないと、差が出にくいことです。

エントリーフォーム最適化(EFO)

ランディングページ(LP)を最適化するにあたり、メインビジュアルの次に大切なのはエントリーフォームです。

せっかくユーザーがランディングページ(LP)の内容を理解し、購入ボタンを押してくれたとしても、入力しづらいフォームではあっという間に離脱してしまい、これまでの苦労が水の泡です。

私達は、スマホから入力する際にもわかりやすいチャットボットのようなフォームを採用するなどエントリーフォーム最適化(EFO)を行っています